クラブ通信
 

新着情報

例会案内

【2017/3/16】第329回 例会 第32回定時総会@東京第一ホテル錦

 

第32回定時総会が会則により山内会長が議長指名を受け議題審議に入りました。長澤副会長による事業報告、渋谷副会長による会員状況報告、笠原副会長による収支報告、榊原監査委員による監査報告が順調に行われ、無事承認を得て、高橋副会長による運営委員、役員新任退任も承認されました。続いて笠原新会長による新会長方針説明があり、留任の長澤副会長から事業計画案が説明され、家田新副会長による収支予算案が提示され、笠原新会長による大幅な会則変更案が提示されて創設以来初めて会則変更が行われました。新会長からは南山経済人クラブの伝統と格式をしっかり守り、新しい時代に向けて大胆に改革し、幅広い年齢層の会員の皆様が相互に理解と親睦を深め、同窓生の異業種交流の場として人脈づくりに寄与できるよう会長方針として①例会の充実=例会費用を増額し、重点的に予算配分、事務局の負担軽減を図るため、会員管理システム(会員専用ホームページ)の導入費用、会員募集チラシの制作費、長寿祝い品の購入費などに充当。②会員相互の親睦=現役世代は同窓生との交流を図る場として、幅広い人脈づくりを目的として、情報交換の機会を今まで以上に増やす。③会員増強=会員の増員と会員同志の絆の強化という提案があり、いずれも承認されました。
総会は滞りなく終了し、新入会員自己紹介コーナーがあり、社労士の立松美由紀さん、お二人目の弁護士平塚恵理佳さんと専門分野から話題になっている時間外労働の話、労使間でトラブルをいかに避けるか、起きたらどう対応すべきかとお話がありました。

懇親会では、笠原新会長による新役員の紹介、渋谷副会長から新会員高須且典さんの紹介がありました。お知らせコーナーは同窓会森本会長から大学寄付金のお願いがありました。山下高博さんによる乾杯で懇親会に入り、恒例の学生歌は水野茂さん。中締めは村瀬俊高弁護士による名古屋なも締めでした。オブザーバー参加が多く懇親会が押される結果になりましたが、盛況の中にお開きとなりました。

Back to TOP