クラブ通信

2011年3月 第26回定時総会

例会案内

ph01
挨拶 カルマノ学長

3月17日東京第一ホテル錦にて第26回定時総会が開催されました。
開会の前に大脇会長から、震災被害者の方々へのお見舞いのご挨拶と、当クラブの会員でもあります前南山大学同窓会長服部健氏(大4)の逝去の報に接しての呼びかけで出席者全員での黙祷をささげました。また、「会員減少が続く中での、業務運営については、事務局員を常置せず運営委員会での分担による経費節減に努めたい」との所信表明がありました。
総会は、大脇会長を議長に議事審議にはいり、2010年の事業報告、収支報告、監査報告が承認され、引き続き2011年の事業計画案、収支予算案が審議され原案どおり承認されました。その後、会員状況報告、25周年事業報告と味岡源太郎さん(大31)の運営委員退任による担当委員の変更報告があり、閉会いたしました。
企業PRコーナーでは家田馨子さん(大37)が、アシスタントのお嬢様と一緒に自社(家田製菓㈱)で製造しているお菓子について、商品や原料サンプルの紹介があり、試食品を皆さんに配りながらの新商品や、商品の特長のご説明をいただきました。なお、会の終了時には、皆さんに自社製品のお土産もいただきました。
第二部の懇親会では、南山大学澤木教授から国際ビジネス学会2011年名古屋大会(6月24日〜28日開催)のホスト校として南山大学が選ばれたことによる、支援のお願いがありました。
また、会員の松平龍太郎さん(四日市南山)からワンコインがん検診の普及PRのお話のあと、乾杯の発声をしていただき歓談に入りました。閉会の定刻が近づく中では、今まで受付をしていただいた塚本さんと宮城さんが卒業されるのでご挨拶いただき、新しくその後のお手伝をしていただく鶴園さんと永田さんの紹介があり、ご挨拶をしていただきました。
さらに、会員副委員長小池克己さん(大31)からは会員増強の手段としてフェイスブックを、吉田昌弘さん(大36)の協力を得て利用したいとの説明があり、中締めとなりましたが、震災から間もないことで今回は学生歌の斉唱は割愛して散会しました。

ph02 ph03

ph04 ph05

ph06


Back to TOP