クラブ通信

2012年10月 例会

例会案内

ph01
講師 上野 恭子さん

10月の例会は、山内会長のご挨拶の後、NPO法人WinWin育成協会の上野恭子理事長を講師に迎え、「婚活時代に見る、男女の違いと会話術」と題した講演を行っていただきました。ちなみに上野さんは、南山経済人クラブの会員であり、現在はお仕事の関係で休会中とのことです。
冒頭、結婚できない、あるいは結婚しない若者の増加を資料として提示され、なぜ昨今、適齢期の若者がそうなったのかという問題提起をされました。
若者へのアンケート調査によると、結婚しない理由のトップが「出会いがない」とのことだったそうですが、合コンが以前にも増して手軽に催されている現状を思えば、その理由は不可解です。そして上野さんが思い至った理由が、「出会いはかつてとは比べようのないほど頻繁にある。それなのに『出会いがない』と実感し、カップルが誕生しない理由は、実は男女の脳の違いを理解したうえでのコミュニケーション術を発揮している人が少ないからではないか」というものです。
コーチングによるコミュニケーションスキルの向上を事業として立ち上げられた上野さんは、この婚活問題を同じ観点からアプローチされ、「マリッジコーチング」として成果を上げた実例を引き合いに出しつつ、男女の脳の違いを知ったうえで、婚活に限らず夫婦関係を円滑にする方法を提案されました。
男性脳は一言でいえば「ワンモード」、一度に一つのことに集中する脳で、達成や貢献が価値あることであり、仕事や趣味で発揮されています。これに対して女性脳は「マルチモード」、関わる回数や時間が長いほど「大切にされている」と感じます。
このことを踏まえ、男性は女性の話の聞き上手になること、女性は男性を否定せず、ほめることが、うまくいくコツとアドバイスされました。
休憩の後の「新入会員、オブザーバー紹介」は、今回は出席がなかったため割愛され、27回生の高橋正敏さんの乾杯の音頭で懇談会が始まりました。
学生歌斉唱は、31回生の小池克巳さん、26回生の長野よしみさん、33回生の大原広明さん、37回生の家田馨子さんが揃って前で歌われました。最後に19回生の長澤正雄さんが中締めの挨拶の中で、例会にもっと多数の参加、特に女性会員の出席を期待する言葉があり例会は幕を閉じました。

ph02 ph03
乾杯 高橋 正敏さん     学生歌斉唱


Back to TOP