クラブ通信

2012年4月 例会

例会案内

ph01
講師 今西 規夫さん

初夏を思わせる日差しとなった4月19日、東京第一ホテル錦にて2012年4月例会が催されました。
3月15日に就任された山内新会長の挨拶のあと、金子例会委員長より当日の講師である綜合警備保障株式会社 名古屋天白支社 天白営業所長の今西規夫さんと、アシスタントスタッフの方々の紹介がありました。
南山大学に設置されているAED(名古屋キャンパスに25台、瀬戸キャンパスに15台)は、全て今西さんのご担当のもと導入されているとの事でした。そして「そのときあなたならどうする」〜いざという時への備えを東日本大震災に学ぶ〜というテーマで講演がスタ−ト。昨今よく話題にのぼる、BCP(事業継続計画)について ①東日本大震災後の総合警備保障㈱の活動について ②震災破壊実験について ③大災害に際して、どのように備えていけばいいのか ④昨今広がりつつある災害図上訓練(DIG)について ⑤東日本大震災の教訓に学ぶ(石巻市の奇跡、平塚市の警戒宣言への対応) の5つのパ−トに分けて、動画やパワ−ポイントを使って分かり易い説明がなされました。講演のなかで、家族全員が避難場所を知っているか、徒歩で帰宅できる目安は10kmまで、災害伝言ダイヤル「171」の使い方など、明日からすぐにでも実行できる具体的な対策がいくつもありました。
5分間の休憩をはさんで懇親会がスタ−ト。お知らせコ−ナ−では大原広明さんより、3月の例会でご案内されたFacebookペ−ジ「南山会」についての現状報告と、南山経済人クラブのFacebookグループの公開化についての報告がありました。
その後、当日オブザ−バ−参加された秋野千明さん、浅井直樹さん、飯田隆一郎さん、五十君高志さん、伊藤美稚子さん、大北三千代さん、都築健さん、早川孝子さん、三浦喜弘さんの9名と、講師として参加された綜合警備保障㈱から、箕浦貴之さん、山中梢さんの2名が南山大学のご出身とのことでオブザ−バ−として加わり、総勢11名もの方が自己紹介をされました。
続いて、長澤会員広報委員長により会員数の更なる拡大の呼びかけの後、声高らかに乾杯の発声が行われ活気溢れる歓談の後、最後は恒例となりました、太田直さんのリ−ドによる学生歌の斉唱でお開きとなりました。

ph02
乾杯 長澤 正雄さん


Back to TOP