クラブ通信

2013年11月 例会

例会案内

ph01
講師 曽根 康正さん

例会はクラブ創立時からの会員で、常日頃「生涯現役会員でいたい」と話されそれを全うされた、関根正さんを偲んで全員で黙祷をささげ始まりました。続いて山内会長から先日開催された運営委員会の報告があり、運営委員の改選について、来年8月のビアパーティーは無料とし、会場は「金山ワシントンプラザ」に変更、再来年迎える30周年のため「30周年特別委員会」を立ち上げるなどの説明がありました。講演はSMC税理士法人代表曽根康正さんに『強運会計士が熱く語る「夢実現の法則」』と題して、スーパーブレイントレーニングについてお話をして頂きました。脳の仕組みは万人一緒なのに、思考の仕方が違うので結果が違う。プラス思考が良いことは判っているが、プラス思考になる方法を知らないので成功しない。ブレイントレーニングで能力を鍛え、メンタルトレーニングで100%能力を発揮させ、成功を思うだけで夢は叶う。スポーツで優勝出来ると思うから厳しい練習にも耐えられるが、厳しい練習を耐えたからといって思いがないと優勝出来ることはない。なれると思うことが先で、なる事は後でついてくる。成功する人は過去の失敗を思い出さない。夢実現の法則①わくわくする夢をもつ。正しい事より楽しい事の方が続くので、楽しい方へ導く。②夢を語れる友をもつ。苦しい時に打ち明けられる友を持ち、言葉を口から出す。思いより言葉、言葉より動作の方が脳に対してプラス効果がある。マイナスの状況にある時こそ言葉を出すと良い。③夢を支え続けてくれる人をもつ。自分の為だけでは無く、人の為に夢をもつと限界を超えられ、人を喜ばせる「他喜力」となるなど、オリンッピック金メダルの日本女子ソフトボールチーム、駒大苫小牧野球チームなどの実例を挙げて「夢実現の知識」をお話頂きました。
続いての懇親会では長澤副会長より現在入会7名、退会11名でこの状況が続くとクラブの存続も危ぶまれるとのこと。入会勧誘のチラシも新しく作成しました。またオブザーバーの複数回参加を歓迎しますので、もう一度声かけをおねがいしますとの事でした。そして渋谷景一さんの乾杯の発声で懇親に入りました。宴も進むうち中締めとなり森本同窓会長より、ホームカミングデーでの南山経済人クラブの模擬店「串かつ屋」について、非常に好評であったので今後も協力しあいたいとの言葉をいただき、最後は今は亡き関根正さん十八番の一発〆でお開きとなりました。

ph02 ph03
乾杯 渋谷 景一さん     中締め 森本同窓会長さん


Back to TOP