クラブ通信

2013年6月 例会

例会案内

130601
講師 谷 喜久郎さん

梅雨らしい雨模様となった6月20日、名古屋国際ホテルにて2013年6月例会が催されました。
まず最初に山内会長のご挨拶からスタ−トし、3月に企業PRでお越しになったオンワードの三浦喜弘さんのお店で仕立てたスーツを披露された後、6月13日に開催された運営委員会の内容について報告されました。例会委員会からは、12月までの講師は決定していること、来年の5月例会は300回の記念例会になり女性の会員の方に中心になって企画立案をしてもらう予定であること。続いて、経理委員会からは半年の会計報告があり、若干ではあるが予算にも余力がでてきつつあるとの報告がありました。会員広報委員会からは、オブザーバーで来て頂いた方々に対して、再度入会のアプローチをしようと言う試みがあること、同窓会や学園祭にも何か活動したらどうだろうかという意見も出ていること、さらに会員数については、今のところプラスマイナス0と言う状況であるとのことでした。また、総務委員会からは、会員勧誘のチラシの刷新、2年後の30周年に向けて準備委員会を作ったらどうかという意見も出ているとの報告がありました。
続いて、当日の講師である株式会社 新東通信の代表取締役会長谷喜久郎さんのご紹介があり「何かおもろいことないか」をご自身と新東通信の原点とされ、日本初上陸の「フリスビー全国キャンペーン」や「愛のサンジョルディキャンペーン」を企画され、1989年には名古屋市で開催された世界デザイン博にてパビリオン「ガウディの城」を実現。名古屋城の天守閣内部をパビリオン化し、おおいに世間からの注目を浴びさらに2005年には、「愛・地球博」誘致に貢献され各パビリオンの運営や「ささしまサテライト」の主催をされました。
そして新東通信の紹介VTRの後、講演がスタート。ご自身の出身校である名城大学への入学当時のお話しから、広告業界へ飛び込んだ理由、31歳で会社を興した時の志などなど、熱く語られました。その後はマズローの欲望の5原則を引き合いに出され最終的には、自己実現を図ることが人生の最大の目的であるというお話しから、名古屋オリンピック誘致の失敗、サンジョルディのイベントを大成功へ導いた道のりを当時の中部財界の方々の反応などを交えながら大変興味深くお話しをされました。最後は、当日配られた新東通信の企業理念カ−ドについての説明と、1年間全社員と熱い話し合いを繰り返し、企業理念を作り上げられたというお話しで締めくくられました。
5分間の休憩をはさんで、懇親会がスタート。オブザーバー紹介では5月に入会された石田敬二さんのご紹介で梅村哲司さん、西井雅人さんの紹介で高原伸八さん、塩津孝博さんが、そして2回目の参加となる佐善健志さんが自己紹介をされました。  お知らせコーナーでは長澤副会長より、11月3日のホームカミングデーにおける南山経済人クラブのブースの出店を森本同窓会長より許可頂いた事。また、森本同窓会長の会社である㈱タイヨ−ラベックスのゴムマットの紹介がありました。  さらに、伊藤鑛さんより8月25日、白川ホ−ルでの南山大学メールクワイヤ−60周年記念演奏会のご案内がありました。
続く乾杯の際には、講師をつとめていただいた新東通信 谷会長より、同社がスペインから輸入しているパラッシオケマードと言うワインの差し入れもあり、松岳大樹さんにより、声高らかに乾杯の発声が行われました。
活気溢れる歓談の後、最後は恒例となりました伊藤鑛さん、太田直さんのリ−ドによる学生歌の斉唱でお開きとなりました。
次回8月22日の例会は、東京第一ホテルにてトランペッターの西崎佳代子さんをお招きし、ビアパーティーを開催致します。是非ご参加下さい。

130602 130603
会長がスーツをご披露    乾杯 松岳 大樹さん


Back to TOP