クラブ通信

2014年10月 例会

例会案内

ph01
講師 佐々木伃利子さん

秋深まる10月16日(木)、東京第一ホテル錦にて10月例会(今回は石田敬二運営委員と8月入会の新会員堀口正幸さんが担当)が開催されました。
山内会長の挨拶でスタート。御嶽山噴火の話題から年末に向けての心構え等、時節のトピックスについてお話をいただきました。
知人でもある司会の石田委員より講師紹介。日本室内楽アカデミー理事長でコンサートピアニストの佐々木伃利子さんは、各地大ホールのこけら落しや17枚のCDリリース等ピニストとしての実績に加え、20年間以上にわたりテレビやラジオの冠番組のキャスターを努められ、経済界、芸術、公共を融合させるキーパーソンとして幅広く活躍されています。
本日の講演テーマは「大人のための音楽史」。17世紀のバッハからラヴェル、そして現代に至るまでの8名の著名な作曲家にフォーカスし、音楽とその時代背景の解説と素晴らしいピアノ演奏のコラボレーションにより、立体的かつ印象的に音楽そして作曲家の特徴を伝えていただきました。また、講師からの適時のクイズにより会場は盛り上がり、正解者はプレゼントされたCDを笑顔で手にされました。
懇親会は堀口会員の進行でスタート。山内会長紹介の新会員弁護士の佐藤正和さんの自己紹介に続き、安藤雅夫委員紹介のオブザーバー森部和彦さんのご挨拶、最後に長澤副会長より、“一人が一人の新入会員を!”という会員倍増計画の再周知がなされました。
情報コーナーでは、森本同窓会長よりホームカミングデーの講演会「被災地の贈り物」、小池克己さん長野よしみさんより2次会企画、平尾節子さんより家田馨子委員のプレゼンが目玉の「エンジョイイングリッシュセミナー」のご案内をそれぞれにしていただきました。
佐々木伃利子講師のファンでもある高下高運営委員による乾杯の発生をトリガーに開宴となりました。講師を囲み写真撮影が行われるなど和気あいあいとした雰囲気中、水野茂さんのリードによる学生歌斉唱。続いて特別編成の名古屋ナモ〆カルテット?(笠原猛委員、安藤委員他)による力強い中締め、最後に次回の例会案内にてお開きとなりました。

ph03 ph04
乾杯 高下高さん     名古屋ナモ〆カルテットの中締め


Back to TOP