クラブ通信

2014年9月 例会

例会案内

少しずつ秋の気配を感じるようになった9月18日、東京第一ホテル錦にて2014年9月例会が催されました。今回の例会はオブザーバーウエルカムデーとして、開始時間を通常の例会より1時間遅い19時30分開始とし、入会促進の意味も込め、少しでも多くの方に南山経済人クラブのことを知っていただけるよう企画いたしました。 恒例の山内会長の挨拶のあとに10名のオブザーバーの紹介、宝エステートサービスの笠原猛さんに乾杯の音頭をとっていただき、懇親会からスタート。オブザーバーの方と会員の方との交流を深めてから、4名の会員の方からショートビジネスPRをしていただきました。
最初に社会人基礎学力検定協会の大橋亨大(37)さんより、協会にて取り組まれている検定試験についてご紹介いただき、続いて佐藤敬子(大31)さんより、27年翻訳会社に勤められ、そのうち10年間社長業をされてきた、工作機械その他ハイテク機器に関する、各国語翻訳を手掛けるワードスミスの社長を退任し、新たに個性心理学認定講師としての、キャリアを踏み出す決意について語っていただきました。
3番目は家田製菓の家田馨子大(37)さんが、6月にオープンした家田製菓のポン菓子直売店兼カフェ「ぽんかふぇ」開設にかけた想い、苦労話し、今後の展開についてプレゼンテーションいただきました。すでにテレビなどマスコミに多く取り上げられている「ぽんかふぇ」、チュートリアルの徳井さんが取材した番組放映の翌日には、レジ通過数がなんと1日で250回と高反響があったとのこと、直売店の売り上げも前年の10倍となるなど、好調なスタートを切っているとの報告がありました。
そして最後は広告代理店スカイシーズの井口達史(大37)さんより、この日のために特別に編集いただいた、スカイシーズ制作のCMフィルムを紹介いただきました。普段テレビで見たことがある多くのCMが、スカイシーズで制作されていたことを知り、驚かれた方も多かったのではと推察しています。
最後に学生歌斉唱を水野茂さんにリードしていただき、榊原正二さんによる一発締めの中締めで散会となりました。

 

ph01 ph02
乾杯 笠原 猛さん     中締め 榊原正二さん


Back to TOP