クラブ通信

2015年 新年賀詞交歓会

例会案内

ph01 ph02

来賓挨拶 カルマノ学長     乾杯 マルクス理事長

昨年10月例会に講師としてお招きした、佐々木伃利子さんから贈られた生花が会場入り口に飾られた中、恒例の新年賀詞交歓会が、南山学園マルクス理事長をはじめ、多数のご来賓のご臨席のもと和やかに開催されました。はじめに山内会長より今年も引き続き「会員増強」「魅力ある例会運営」を目指します、また「創立30周年」を迎えますので、皆様の益々のご支援、ご協力をお願いしますと新年の挨拶がありました。
次にミカエル・カルマノ学長より、瀬戸キャンパスと名古屋キャンパス統合の具体的なお話があり、会員の皆様には母校南山大学の拡充、充実に向けご指導、ご援助も含めて大学を見守って下さいと挨拶されました。またご来賓を代表して、森本同窓会長が今年はテーマとして「募金活動に注力」「同窓会の将来活動の検討」を、中心として活動しますとご挨拶されました。
続いて、新入会員、山下高博(大23)さん、森部一彦(大35)さん、酒井晃(大36)さんの自己紹介があり、マルクス理事長の「今年こそアベノミクスに期待しましょう」とのお言葉と共に乾杯のご発声で開宴となりました。
宴半ばには、本日のゲスト生田直基さんによるギター演奏があり、卓越したテクニックにアンコールの声が飛びました。最後は水野茂さんリードにより恒例の学生歌を斉唱し、笠原猛さんの音頭のもと会場全員一体となって、「名古屋ナモ締め」で楽しい宴もお開きとなりました。今年も会員の皆様のご健勝、ご活躍をお祈りいたします。

ph03 ph04 ph05
新会員 山下 高博さん     新会員 森部 一彦さん     新会員 酒井 晃さん
ph06 ph07
佐々木 伃利子さん寄贈の生花     ギター演奏 生田 直基さん


Back to TOP