クラブ通信

ミニミニ通信 2007年11月度

ミニミニ通信

10月16日「世界食糧デー」に毎年開催している、チャリティーコンサート。「国連UFD協会なごや」というボランティア団体をスタートして4年になりました。今年も多くの方々にご協力いただき大変感謝しております。飢餓に苦しむ子どもたちにお昼の一食を提供する「学校給食プログラム」に、今後ともご支援いただきますようお願いいたします。
●椙山 美恵子(大14)


どこまで行っても、ひとつにならないもの。それがホンネとタテマエ。どちらが大事かではなく、どちらも大事です。相反するこの2つのケジメを持つことの大切さを、身に沁みて感じた一年でした。今年も、多くの方々に助けて頂き無事に過してまいりました。明日のことは解らぬ人生、また、皆さまにお逢い出来ることを楽しみに、一日一日を大切に歩んでまいります。
●関根 正(大3)


修士論文に取り組んでおり、毎週木曜日は研究指導と重なっていて、経済人クラブへの出席もむつかしい状況です。早く晴れて出席できるよう頑張ります。
●佐藤 郁夫(大19)


11/8~12 三越7F催物会場でワンワンドッググッズフェスタ2007でチャリティー展を開催致します。是非お出掛け下さい。又、ステージワンでも11/15~26までチャリティー展を開催致します。
●中山 真知子(大24)


今年もあとわずか。残された時間が短くなった分、充実した生活を送りましょう。
●佐々木 功(大16)


秋色深まる10月度例会(18日)は、旅行業界で多年にわたり活躍してこられた大塚幸雄氏(ワールドバリュー〈株〉代表取締役)のスライドつきのスピーチをお聞きしましたが、昨今の海外旅行の様相を的確にとらえておられ、シニア族の「夫は妻と…」、「奥さんは友人と…」との組み合わせを好むなど、世相の移り変わりがよく分かるお話でした。
●高嶺 昌(大8)


Back to TOP