クラブ通信

ミニミニ通信 2007年9月度

ミニミニ通信

残暑厳しい折、体には充分気をつけましょう。南山経済人クラブスタッフの皆様にはいつも感謝いたしております。お互い力をあわせて発展していく会にしましょう。
●佐々木 功(大16)


例会は、その都度新鮮です。楽しみにしています。私は昨年「なんでも鑑定団」に出ました。最近テレビ東京の仲の良いディレクターから声がかかり、御友人で出演希望者を推せんしてくれと連絡がありました。希望者があれば御説明します。
●松平 龍太郎(四日市南山)


9/10のピアフへのオマージュ「ばら色と黒の人生」はおかげ様でチケットは完売で沢山のお客様にいらして頂きまして、私の熱愛するピアフの歌をシャルル・アズナブールの音楽監督のジェラール・ダゲールが伴奏してくれるという夢のような共演で私の良い所も悪い所も総て曝け出せた私にとって最高のものでした。皆様本当にありがとうございました。
●鳥居 美江(大11)


暑い日が続いていますが、どこかに時折、秋の気配を感じます。四季のなかで、いちばん心が安らぐ季節です。夏の思い出を胸に、冬への心構え、一日一日の大切さを、しみじみと感じます。皆さまの毎日も、無事でありますように。また、お逢い出来る日を楽しみにしております。
●関根 正(大3)


今夏は、記録的な酷暑、何と8月15日から22日までの8日間が猛暑日(気温が35度以上)で、例会日の23日早朝の豪雨に近い恵みの一雨で、文字通り一息ついた夕べ、生演奏のピアノの調べに耳を傾けつつ暑気払いのビアパーティーは、和やかに元気な会員の歓談に終始しました。この会報が発行される頃にはうららかな秋の訪れを実感する日を現役の方々は勿論、OBの私どもも気を新たに、おくりましょう。
●高嶺 昌(大8)


今年もまた、「四日市の第九」にコーラス出演します。本番(12/24)の日は、涼しくなるかなと楽しみにして。七十の年習いです。
●服部 八州宏(大9)


業務多忙の為しばらく休会させていただきます。来年3月より東京にて業務展開を始めます。
●大橋 正文(大33)


Back to TOP