クラブ通信

ミニミニ通信 2010年6月度

ミニミニ通信

名古屋の勤務先(財)名古屋公衆医学研究所(専務理事)の新しい年度の仕事が始まりました。仕事は予防医学で未病を願って健康診断を行っています。診療のレントゲン車など12台で愛知、岐阜、三重、滋賀の4県と子宮頸がんの器具による郵送方式の検査、肺がん、大腸がんの検査は全国で行っています。中村区長筬町に診療所もあります。6月からは社団法人桑名シルバー人材派遣センターの理事長も兼務することになりました。
●松平 龍太郎(四日市南山)


冷え込んだ冬も遠ざかり、おだやかな春の季節が、と思っている間に、すぐまた、暑い夏を迎えますね。ともあれ、1日1日を大切に、元気な毎日をお過ごし下さいますように。もの忘れのひどい歳になり、困っております。誰でも、歳をとれば同じだよ、と慰めては頂いててますが、近頃、ますますひどくなりつつあり、心配です。1日1日を、大切に過ごしていても、これだけはダメですね。あっという間に、今年も半分が過ぎてしまいましたね。お互いに明日の分らぬ身、せめて、今日1日が無事であることを、祈ってます。何よりも、健康が大事だと、つくづく思う毎日です。
●関根 正(大3)


太陽光発電の仕事は、本年になってかなり強い追い風が吹き出しました。近い将来皆様にお知らせするビックなニュースがありそうです。乞うご期待。「名古屋地域の南山会」では4月24日(日)3:00~南山大学元副学長の立松弘孝氏の講演会とジャズシンガーのランデル洋子さんミニライブ付の懇親会を開催しました。
●志水 篤彦(大17)


天候不順で商品の回転が悪く売上も上がらず苦戦をしています。景気も底を打った感がありますのであとは平年並みの気温になってくれればと祈っています。クラブのスタッフの皆様には大変感謝をしております。
●佐々木 功(大16)


5月例会は、小牧市議会で議員として活躍しておられる玉井宰氏(大22期)の2年半にわたる体験談を、おききした。無所属で庶民の立場から色々な活動に取り組んでおられるご様子、今後とも活発なご活動をお続け下さい。6月の例会は、最近とみに増えた愛犬家などペット医療についてお話がきけるのも楽しみです。
●高嶺 昌(大8)


Back to TOP